一戸建住宅検査

  • 既存住宅検査
  • 既存住宅かし保証
  • 耐震診断
  • 地盤点検システム

耐震診断

耐震診断はこんな時にオススメです

耐震診断はこんな時にオススメです

「耐震診断」3つのポイント

耐震診断により建物が大地震に耐えることができるかがわかります。耐震診断の結果、適切な補強をすることで永く安心して住むことができます。また、耐震基準適合証明証を発行しますので、住宅の購入をお考えの方に対して資産・金融面でメリットを付与できます。

「耐震診断」3つのポイント

具体的なサービスの流れ

耐震診断の診断方法は、簡易診断、一般診断、精密診断の3種類があります。 JHSがご提供するサービスは専門家による一般診断と精密診断になります。

簡易診断の方法は誰でもできるわが家の耐震診断

監修 国土交通省住宅局
編集 財団法人 日本建築防災協会

誰でもできるわが家の耐震診断

一般診断の流れ

※精密診断は一般診断で問題が確認された場合に特殊な機器を使用して実施するものです。

申込

お申込みはお問い合わせボタンからお電話もしくはフォームに記載し、ご連絡ください。
※事業者の方はご利用の際に加盟店登録が必要となります。

検査

まずは図面のチェックを実施し、現地にて間取り、部材の劣化状況を検査します。検査は主に目視で行いますが補助的に機材を使用する場合もあります。。

主な検査項目

耐震性評価

図面チェックと現地調査の結果から耐震性能を数値化して評価します。

建物検査報告書

報告

診断結果は詳細なチェックシートや現場写真をまとめた「耐震診断書」としてご報告。問題がない場合は耐震基準適合証明書を発行できます。

建物検査報告書

サンプルはこちら

耐震基準適合証明書

耐震性能が基準に適合している場合に耐震基準適合証明書を発行します。
耐震基準適合証明書があると、税金控除が受けられます。
※税金控除の詳細は「国土交通省ホームページ」をご参照ください。

耐震基準適合証明書

サンプルはこちら

補修提案

耐震性能が基準を満たしていない場合のオプションとして補修計画の提案をします。

補修提案

サンプルはこちら

利用者の声

利用者の声

お問い合わせはこちらから