戸建住宅・マンションの検査

既存住宅かし保証

既存住宅かし保証をオススメする理由

「既存住宅かし保証」3つのポイント

建物状況調査で「適合」判定となった物件に、保証の対象となる事故が発生した場合、JHSが5年間、最大1,000万円まで補修等にかかった費用をお支払いいたします。

保証対象部分

サービスの利用条件

以下の条件を満たした住宅がご利用いただけます。

  • ① JHSで建物状況調査を実施しており、かつ検査結果が基準に適合していること
  • ② 新耐震基準を充足している建物であり、その証明書類が提出できること
  • ③ 初回の検査実施から保証開始(引渡し)までが1年以内であること
  • ④ 売買された物件で、かつ物件の売主が宅建事業者ではないこと

保証期間・保証金額

以下の3プランよりお選びいただけます。

サービスの流れ

既存住宅かし保証のご利用は、事前に建物状況調査を実施し、
基準に適合している必要があります。

> サービスの流れの詳細はこちら

[引受保険会社]

・株式会社 日本住宅保証検査機構(ホームページへ

JIO既存住宅かし保証(個人間用)の概要
※保証対象部位、保証の内容、保証の仕組み、お支払いする保険金などはこちらをご参照ください。